« わたし祈ってます | トップページ | 第6話の感想だけ(汗 »

はやぶさ~遥かなる帰還~

久しぶりにブログを更新しようと思ってたのに突然画面が消えてパソコンのハードディスクがなんたらかんたらと英語だらけの四角い画面がいっぱい出てきてなんじゃこりゃになったのでマイクロソフトサポートに電話したらそれはパソコン本体の会社の管轄だから富士通に訊けというさすがに外資系だよなのつれない返事にむかつきながら富士通サポートに電話したら親切丁寧なスタッフの方があれこれと教えて下さってなんとか復活したもののピクチャに入れといた写真が全滅していたわあ~こりゃこりゃ・・・・・・


まっつん やひろみツアーの写真は、幸いにもSDカードに保存したままなのでいいんですけど、

ケンちゃんの画像が~~~~~~~っ(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

il||li _| ̄|○ il||li・・・・・・・・

ええ、
もう、
そりゃあ見事に完璧に消えちまっててさぁ・・・・・
なのに、ゴミ箱に捨てた要らない画像は残ってるし・・・・・・・・

あ~~~~~あ・・・・・・・

一からやり直しじゃ・・・・・・・

ミジンコ号といい、家のボイラーといい、パソコンといい、
このところぶっ続けの機械関係の不調は、ミジンコに何を訴えているのであろうか


と、
真剣に考え込んでしまったYO(´-д-`)

思案中・・・・・・・・

思案中・・・・・・・・

思案中・・・・・・・・

で、
すっかり「空」になったフォルダをぼんやり眺めつつ、ふと思ったわけです。

死ぬって、こういうことだよね・・・・・

パソコンに保存した写真どころか、パンツ一枚持って行けない。
この世に在る物すべてに、さよならしなければならないってこと。
今まで愛してきたいろんなことに、さよならしなければならないってこと。
消えてしまったケンちゃんの画像にこんなに執着があるのに、
ミジンコってばうまく死んでいけるのかなあ・・・・・・
これって、その時のための予行練習なのかなぁ・・・・・・
まあ、憎まれっ子世にはばかるっていうから、まだまだ当分は大丈夫そうだけど・・・・・



とまあ、つらつらと、そんな事を思う休日をすごしておるミジンコです、
お久しぶり(=゜ω゜)ノ

さて、

先週の日曜日、ケンさんに会って来ました!
ケンちゃんじゃなくて、ケンさん、です(笑

はやぶさ~遥かなる帰還~

という映画の舞台挨拶に渡辺謙さんと川口教授が来るから行かない?
と、ペコ&トーマスに誘われて二つ返事で行ってまいりました!
ミジンコのお目当てはケンさんよりも川口教授だったんですが、映画そのものには正直それほどの期待もなく・・・・(関係者のみなさまスイマセン・・・

だって、実話をもとにした映画で感動したのってあんまり記憶にないし・・・・

期待してなかったせいか、けっこう面白く観れました。
あの「はやぶさ」に携わったスタッフたちのドラマです。
日本の宇宙開発?が、どれほど少ない予算で行われているか、
どれほど一人ひとりのスタッフの熱い想いに支えられているのか、
市井の町工場のくたびれたおじさんの技術がどれほど日本経済、いえ、日本全体を下支えしているのか、
普段は気にも留めずにいたいろんなことを思いながら観てました。

初めは神頼みなど信じなかった頑固なリーダーが、しまいには神社に祈願してお札を頂いてくる・・・
人智を尽くして天命を待つ。
考えうる限りの技術と運用を試みたら、あとは人智を超えるものに任せるしかない。

人は、結果がどうあれ、人智を尽くす姿に感動するものだと思うんですが、
はやぶさの物語が感動を呼ぶのは、はやぶさが帰って来てくれたこと自体にだけあるのではなくて、市井の人間たちの想いが一つの大きなエネルギーになってはやぶさに呼びかけ、はやぶさがそれに応えてくれたのだと信じないではいられないような、そんな奇跡を見せてくれたからではないのかしら。

そしてまた、
動機と目的がブレさえしなければ、どんなに諍いがあっても、どんなに回り道をしても、
想いを重ね合わせて進むことができるのだと言うことを教えてもらったような気がします。

川口教授が山口さんになってたり、フィクション仕立てなんだけど、
どっちかというと事実に即して淡々と、再現フィルムのように どストレートに造られてる。
時々「は?」と思うようなCGの演出もあったんでアレなんだけど

舞台あいさつでケンさんや監督も仰ってましたが、実際の物語がすでに感動的だし、みんな結果がわかっているので、そういう意味では非常に難しかったと。
でも、その難しさを超えて、変にお涙ちょうだいのフィクションを絡めずに淡々と(ある意味物足りないほど)わかりやすく進む演出は嫌いではないです。

山崎努さん演じるつぶれかけた町工場のおじいちゃんの孫が、おじいちゃんの技術に興味を持っておじいちゃんと同じものを作ろうとしてる場面で、なぜか涙がこぼれたよ(;ω;)

川口教授も監督も
「技術ももちろんだけど、夢や希望や、仲間と一つのことをやり遂げる想いや、諦めない気持ちを次の世代に伝えたい」
みたいなことを仰ってたけれど、
短いあのシーンに、監督のそんな想いがみっちり込められてるような気がしました。

実際の川口教授はどっからどう見ても「科学者」にしかみえない華奢な感じで、ケンさんと並ぶと2回りくらい小さい方なんですが、映画のケンさんが時々川口教授にしか見えないシーンがあって、改めて役者さんてすごいな~とビックリしましたw(゚o゚)w
キャストはみんなはまってた!
ミジンコ的にはイオンエンジンの吉岡さんがMVPです(* ̄∇ ̄*)V

エンドロールも良かったです!
糸川博士のお写真や、日本の宇宙開発?の流れみたいな画像も観たことないのがいっぱいで面白かった!
で運んでるし~~~~~!!(゚ロ゚屮)屮
ってのもあったりしてビックリでした。

てか、
世界のケンさん、TVや映画で観るまんまでした~(笑
胸板が厚くてかっこいがった~(* ̄ー ̄*)
でも、すっごく気さくな方で、2回目の舞台挨拶前には握手やサインにも気軽に応じてくれてましたよ!
ミジンコは川口さんの本を持参するのを忘れてサインしてもらえなかったし・・・・
一生悔やみそう・・・・・

ケンさんたちはミジンコやペコがいる方と反対側で握手やサインに応えてくれてたので仕方なかったんですが、最後にケンさんはミジンコたちの方にも大きく手を振ってくれました!
なんていい人なんだ~


そう言えば、
「弘前が最後の舞台挨拶なんですがこんなに盛り上がったのは初めてで感激してます!」
と仰って下さった監督さん!
頬が紅潮しててめんこかったです~( ´艸`)プププ
ほんとに嬉しそうに仰って下さったので、
ミジンコはそれを聞いて感激しました~( ´;ω;`)ブワッ

ぜひまた弘前においで下さいませね~

あの日、はやぶさの映像に感動した方も、そんなこと全然知らなかったよって方も、どちらも楽しめる映画だと思います。
もしかしたら、職場のコミュニケーションでお悩み中の人にもいいかも。
そういう点でも、いろいろと考えさせられる映画でした。

川口教授が弘前出身なので、ちらっと岩木山も出てきたよ~
岩木山が見たい人にもお勧めです←ちょっと強引

☆ピクチャの画像が消えてしまったうえに画像の取り込みもできなくなったので画像なしでございますが、
 ご勘弁

はやぶさ帰還時の日記はここ

|

« わたし祈ってます | トップページ | 第6話の感想だけ(汗 »

映画・DVD」カテゴリの記事

コメント

やはり( ̄ー+ ̄)見に行ってたね( ´艸`)プププ
行くと思ってた(笑)
ニュースで探したわキョロ(・_・ )( ・_・)キョロ

川口教授は、息子の高校のOB!
1日の卒業式に出席したかも~~\(^o^)/
はやぶさで有名人になった後さぁ~!
慌てて弘前市役所も市民栄誉賞をあげたよね
まだまだ隠れた科学者がいるのかもね~~(*^ω^*)ノ彡

春くるぞぉ~~
冬眠から覚めなきゃ~~┗(^o^)┛パーン

投稿: チミコ | 2012年3月 3日 (土) 21時33分

おひさしぶりです

遅すぎですが今年もよろしくです

ミジンコさんに掛かるとデーターの消失もなんか哲学的
さすがです
私もバックアップなるのものを取説を必死で見てやってみたけど、データーはすっかり消えてました
いつまでたっても進歩がありません
川口さんは新聞で読んで、同郷人として誇らしく思いまた
マツケンもがんばってるけど色々言われてるよね・・・
でも私毎回見てるよ
平清盛結構好き
あの映像はTV的じゃなくて映画っぽいよね~。
画期的だとおもうよ~

投稿: AYA | 2012年3月 3日 (土) 23時45分

あ~上のコメントSでした

投稿: S | 2012年3月 3日 (土) 23時52分

ありゃ、チミコさんにはお見通しであったか(笑
諸般の事情でTVカメラには映らないようにコソコソ努力してました
無理な姿勢でいたので膝が痛くなっただよ・・・

川口教授は息子さんの高校のOB!?
おお!そんな有名人がOBなんてうらやましい!
て言うか、あの高校は有名人いっぱい輩出してるよね~
息子さんも将来は・・・今からサイン頂けないでしょうか?

慌てて市民栄誉賞あげた市長さんも来てたよ!
いつ聴いても、弁舌達者な市長さんですよね。
何言ってたか覚えてないけど

もうすぐ
乾いた道路を走るのはストレスフリーで快感だっキャ~
んだ!そろそろ冬眠から覚めねばの・・・・


投稿: ミジンコ | 2012年3月 4日 (日) 01時27分

おお!Sさん!
私の方こそご無沙汰しすぎでスイマセン。
こちらこそよろしくです~m(_ _)m

パソコンのバックアップ大変よね・・・
てか、バックアップめんどくさがってやってなかったからこんなことに・・・・
Sさんもすっかりデータを消したことがあるんですね。もしやHIROMIさまのデータも・・・?
悲しいよね・・・(;ω;)
今回もトーマスのお世話になってすごく助かったよ!
Sさんもパソコンで困ったらとりあえず「トーマスなんでも相談室」へどうぞ~
って勝手に宣伝してますが

川口教授は同郷人としても誇らしいよね。
奥歯がすり減るほどのプレッシャーだったらしいですよ。
芯が強くなきゃこんな大きなプロジェクトのリーダーなんてできないよね。
ケンさんやご本人は「津軽のじょっぱり魂」と言ってました

で、平清盛観てくれてるんですか!?
嬉しいです~o(*^▽^*)o
視聴率低いのでいろいろ言われてるみたいだけど、面白いよね~
そうそう!映画っぽい画面が結構好きです。
コーンスターチ使い過ぎって思うけどね

投稿: ミジンコ | 2012年3月 4日 (日) 01時45分

「はやぶさ 遥かなる帰還」観に行って来られたのですね!
それも川口教授の舞台挨拶付き
いいなぁ~いいなぁ~~。

お京も「はやぶさ HAYABUSA」に耕史くんが出ていたので観に行こうかなぁ~と思っていましたが
結局行かず…
やっぱり、私ってケンちゃんが出ていないと映画館には行かない人なんです


>ミジンコ的にはイオンエンジンの吉岡さんがMVPです

この映画、観ていないのですが
イオンエンジンなくして、はやぶさの帰還はなかったですよね
イオンエンジン開発チーム、超かっこいいと思いました。
川口教授に続き、國中さんも「神」です!

あの、帰還の日の事、思いだすなぁ。
はやぶさが最後に撮った地球が美しすぎて
泣けました

「泣く」といえば
ミジンコさん、ケンちゃん画像消滅しちゃったの
何が欲しいか言ってくれ~。

投稿: お京 | 2012年3月 6日 (火) 20時33分

ケンちゃんが出てないからって「はやぶさHAYABUSA」観に映画館に行かなかったお京さんにワロタ( ´艸`)プププ
耕史くんだけでは吸引力が足りなかったのかな(笑
「はやぶさ」だけで3編もあるんだよね。
予告で観たもう一つの「はやぶさ」にはライトくんが出てたよ!

>イオンエンジンなくして、はやぶさの帰還はなかったですよね

そうですよね!はやぶさ帰還のあと詳細を知ってすっごく感動したこと覚えてる。國中さんは江口洋介さんがやってらしたけど、さすがに存在感ありました!
イオンエンジンのことをもっと詳しくやって欲しかったな~
中和神社のエピソードとかも見たかったんだけど、はしょってたわ・・・
ホントに誰ひとり欠けてもなしえなかった奇蹟だな~って改めて感じたよ。
機会があったら是非見てみて~
わたしもほかの2編も観るつもりだよ

ケンちゃんの画像ね・・・
嬉しいお言葉ありがとう
でもね、あまりにも見事に消滅しちゃったので
何が欲しいとかわからないのよ~~~(つд⊂)エーン
そのうちおいおいおねだりするかもしれませんけど
その際にはどうぞお恵みを・・・m(_ _)m

投稿: ミジンコ | 2012年3月 7日 (水) 05時56分

米しようとして一週間過ぎでまった〜

はやぶさ舞台挨拶、やっぱし行ったんだぁ

てか、わたくし、次の日、ネットでもニュースでもなく、地デジNHKデータ放送で知った位遅い

市民栄誉賞のときの川口教授のお話で印象的だった事がありました。
(というかあとの話は難しかったというのが正しいのかな)

『地球は液体の星です』

確かにそうなんだけど、なんだろう、目から鱗でした。
そうだ、私たちが触れらる状態だけが液体だ、固体だとは限らないのだ

そのお話の次の年に震災があり、そして今現在までこの液体感をたくさん感じているのは言うまでもなく。

2月の東奥日報夕刊一面に川口教授、連載されてました。
その中で
『衛星(無人宇宙船?)は修理出来ない(しに行けない)事を前提に設計している。原発もそういう前提でなぜ設計しないのか、なぜわからないのか、それが恐ろしい』
というようなお話をされていました。

全く持ってその通り。
素人でもわかる。

願うことや祈ることしかできない私が虚しい

でも正しい知識と情報は身に付けたいと思う今日この頃ですが、冬眠後、間髪入れず春眠が訪れております

あ、元祖くんの画像いるべが?

投稿: うさきち | 2012年3月10日 (土) 02時22分

冬眠後、間髪いれずに春眠・・・
オラもです・・・・

『地球は液体の星』
そっか~、そうなんだよね~。

>私たちが触れらる状態だけが液体だ、固体だとは限らないのだ

だよね~。海は誰にでも液体に見えるけど、見えない地球の内部だって液体なんだもんね。
大陸や島はその上に浮かぶ船みたいなもので、オラ達はその船に乗ってるだけ・・
ちょうど1年前の大震災はそのことを痛感させられたね・・・


>『衛星(無人宇宙船?)は修理出来ない(しに行けない)事を前提に設計している。原発もそういう前提でなぜ設計しないのか、なぜわからないのか、それが恐ろしい』

その記事は知らなかったです。
川口先生の言うことホントですね。
前提が間違ってたら全てが狂っちゃうものね。
そのことに気がつけない(あるいは気がついてるのにいろんな力関係に負けてスルーしちゃってる)科学者がいるっていうことを、同じ科学者としてアンビリバボーで恐ろしいことだと感じてるんでしょうね・・
まして、素人はプロの言い分を信じるしかないですからね・・・
正しい情報を集めるにもかなりの努力と時間が必要だし・・・
真のジャーナリズムは消えちゃったのかな・・・・
と、とても哀しく思う一年でした。

でもね、祈る事や願うことしかできなくても
それは虚しいことではないと思うよ!うん。
「祈ること」や「願うこと」には「想い」のエネルギーがあると思うんだ。そしてそのエネルギーってのは、時には人智を超えるものを導いてくれるんだ。

というようなことを映画「はやぶさ」を見ながら思ったわけですが、夕べ、録画しといた「ナルニア国物語3部作」を通しで観ながらまたまた同じことを思ったミジンコです(笑

元祖ちゃんの画像くださ~い!(◎´∀`)ノ

投稿: ミジンコ | 2012年3月11日 (日) 16時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わたし祈ってます | トップページ | 第6話の感想だけ(汗 »