« 忙しくも楽しいお盆 | トップページ | コロッケうどん »

老婆心

161   

『なんでフィルターに通さずに、そのまま受け入れる事が出来ないんだろう?』

いつだったか、何の雑誌だったかすっかり忘れてしまったけれど、
ケンちゃんがそう言ってたことがあります。

「なんでフィルターに通さずに、そのまま受け入れる事が出来ないんだろう?」

大事なことなので2回言いました(笑


ケンちゃんが20歳くらいの時かな?
これを言った前後の脈絡はすっかりキオクのカナタだけれどね

なんでこのことを思いだしたかと言うと、前号のピクトでケンちゃんが似たようなことを言ってたからです。
読みなおそうと思ったら肝心のピクトは行方不明←だし、2か月前のことなのであんまりよく思いだせないんだけど

情報の取捨選択みたいなことについて話したんだっけ?
「いろんなニュースを読む時に、長いのじゃなくて短い簡潔なのだけ読むようにしてる。
長いのは編集者のバイアスがかかってると思うから。」
みたいな話。
キオクがアレなので間違ってたらごめんなさい~


それを読んだ時、

ケンちゃん!
それはデンジャラス過ぎるべさ~


と、ミジンコは思ったのでした。
短い簡潔なニュースこそ用心しなければならない。
簡潔だからフィルターがかかってないと信じるのは危険じゃないかな~?
簡潔だから物事の事実だけを伝えているとは限らない。
主語を何にするか、ということだけにも本人の自覚なしにフィルターは掛かっています。
フィルターを持たない人間なんていないもの。
短く簡潔なニュースだけで情報を得るということは、書いた人のフィルターを丸ごと受け入れてしまうことになりかねません。
できるならば一つのニュースについていろんな記事を全部読んだ方がいい。
全部読んで、その中から整合性のある事だけを拾い上げた方がいい。
でも、整合性があるからと言ってそれが事実とは限らないこともまた心しておくべきだ。
近頃の、ジャーナリズムを失いかけてる日本の(世界中似たようなものだけど)マスコミの記事ならば尚更そうした方がいい。
「そういうことか・・・でも、もしかしたら違うかも・・・?」
という余白は常に残しておくべきでしょう。
プロパガンダに乗せられてきちんと検証して考える能力を失わないように、そこはいつも心しておきたい。

まあ、ケンちゃんは賢いからそんなことは百も承知だろうけどね。
これも老婆心と言うやつですな


で、話は戻るけど、
『なんでフィルターを通さずに、そのまま受け入れる事ができないんだろう?』
と言ったケンちゃんの言葉で思い出した聖書の一節があります。

『先ず己の目の梁(うつばり)を取り除け。
 されば良く見えて、兄弟の目より塵を取り除き得ん』

はっきり覚えてないんだけど、マタイ伝だったかな・・・・?


「自分の目のフィルターを外せば、くっきりすっきりはっきり良く見えるようになって、他の人の目の塵(フィルター)もはずすことができるようになるよ!
って、イエス様がおっしゃたよ!と、マタイが伝えてます。



イエス様の時代から、いえ、そのずっと以前から、人はフィルター越しに世界に向き合ってたってことですよね。
まあ、実際の話、悟った人でもない限りフィルターを持たない人間はいないよね~。
と言うか、フィルター越しに世界を見ていることに気づいてない人だって沢山いると思う。
生まれ育った土地、生まれた時代。お父さんの口癖お母さんの愚痴。
流行っていたファッション、音楽、本、時代の空気。
担任の先生の思想や口癖、出会った友だちの感じ方考え方。
いろんなものがごっちゃに流れ込んでフィルターの色や厚さや形を作ってしまう。
フィルター越しの世界があまりにも当たり前でフィルターの存在を疑うすべもない。
もしかしたら、このフィルターこそがその人をその人たらしめてる理由の一つなんじゃないかとさえ思ったりします。


「なんでフィルターに通さずに、そのまま受け入れる事が出来ないんだろう?」


大事なことなので3回言いました(笑

20歳くらいでフィルターの存在に気がついたケンちゃんはエライ←ファンの欲目w


かつてケンちゃんが望んだように、フィルターを外してくっきりありのままに見える世界は、どのくらい輝いて見えるんでしょう
興味はあるけれど、
ま、なかなか難しいことです。
せめて、自分のフィルターがどんな色でどんな形でどのくらい歪んでいるのかっていうことを確認する努力だけはしていたいものですが・・・・


眠くて何を言いたかったのかわからなくなりました(;´д`)トホホ…


まあ、つまり、
いつまでも何かに疑問を持って探求するケンちゃんでいてほしい。
ってことです

ま、余計なお世話だってのはわかってますけどね~(;;;´Д`)ゝ
これまた老婆心てやつですかね~

L357

                特に意味はございません

|

« 忙しくも楽しいお盆 | トップページ | コロッケうどん »

ケンちゃん ☆ 雑誌」カテゴリの記事

コメント

ミジンコさん、素敵な記事ありがとうございました。

AKIは20歳のケンちゃんには出逢ってなかったのでもちろん「なんでフィルターに通さずに、そのまま受け入れる事が出来ないんだろう?」って言ったことも知らなかったのですが…、まず若干20歳の青年からそういうことが言葉として出てくることにビックリしました
やっぱりケンちゃんはただ者ではなかったと実感

そしてこの言葉からAKIが思ったのは、20歳の頃のケンちゃんって目の前にあることや人の話をそのまま自分の中に素直に受け入れることがまだできていなかったような気がするんですよね。
それがだんだん年を重ねる毎に成長して、周りの人からどんどん吸収するようになってきたなって思うんです。
自分の意志がきちんとあって、人に流されないのもケンちゃんの良さだけど、人の意見をまずは受け入れ、自分なりに正しいのかそうでないのか、自分に必要か必要でないものかを取捨選択することも人が成長する上で大事なことだと思います。

今回のピクトアップの記事の中でも編集者が書きとめておくことが好きなケンちゃんに撮影の合間に素直に思ったことを書いてもらって、その中から何かを聞きだそうというナイスな企画でしたが、自分の発言の影響力の大きさを心配してかノートに書くこととインタビューは別にして欲しいと最後まで言っていたのが印象的でした。
確かにファンはケンちゃんが言ったことに少なからず反応し、影響を受けたりもするけど、そのことで人生を狂わせたり、違っているのに受け入れたりはしないんじゃないかな?ってAKIは思うんです。
私たちは純粋に今、ケンちゃんが何を考え、それに対してどう思うのかが知りたいだけ。
そしてそれを読んで「大人になったな」とか「成長したな」とか逆に「子どもだな」とか思って一喜一憂するわけです

わ~感動したのに支離滅裂な文になってしまった~~~。
ミジンコさんの中で取捨選択してくださいませm(_ _)m

投稿: AKI | 2010年9月 2日 (木) 13時10分

AKIさん、いつもながら真摯なコメントありがとうございます!
AKIさんのコメントに感動してるミジンコです

実際20歳だったか22~3歳だったか私もよく覚えてないのでなんですが・・・
私も若いケンちゃんからそういう言葉が出てきたことにビックリしたんです。
で、「こやつ・・ただものではないな・・!」と思いましたよ(笑

>自分の意志がきちんとあって、人に流されないのもケンちゃんの良さだけど、人の意見をまずは受け入れ、自分なりに正しいのかそうでないのか、自分に必要か必要でないものかを取捨選択することも人が成長する上で大事なことだと思います。

ケンちゃんは頑ななところがありますからね~(笑
でも多分ケンちゃんはなんでもいったん受け入れて自分の中ではちゃんと取捨選択済みなんだと思うんですよ。
その取捨選択をファン(周りの人間)が受け入れられるかどうかはまたファンの取捨選択になるけどね・・・
ケンちゃんの言ったフィルターって、取捨選択のしようもない、と言うか、見たり聞いたりした瞬間その時点ですでに無意識に取捨選択してしまってる無自覚のフィルターのことなんじゃないのかな。って私は勝手に思い込んでて、本来無自覚で一生終わっても仕方のないような人間の在り様にあの若さで気がついたケンちゃんてすごいな~と思ったの。
それだけケンちゃんが真剣に真摯に役として生きた証のように思えたし。
なんかうまく言えなくてごめんなさい

>自分の発言の影響力の大きさを心配してかノートに書くこととインタビューは別にして欲しいと最後まで言っていたのが印象的でした。
確かにファンはケンちゃんが言ったことに少なからず反応し、影響を受けたりもするけど、そのことで人生を狂わせたり、違っているのに受け入れたりはしないんじゃないかな?ってAKIは思うんです。


AKIさんの言うとおりだと思います。普通はね。
でも世の中には思いがけないフィルターを持った人も沢山いるのでねぇ・・・
信じられない行動をしちゃう人も思いのほかいっぱいいるしね。
役と俳優松山ケンイチとプライベートな松山研一の切り替えがうまくなった分だけ、役から離れた時の不安感と言うのは大きくなったんだろうと。
なので、今現在のケンちゃんがかなり慎重になるのは仕方ないのかなって思ってますよ。
もう少しキャリアを重ねたらきっと慣れてきて?肩の力も抜けて楽になるのになあって思ったり(笑
今はちょうど過渡期なんじゃないのかな。
成りゆく過程に必ずある壁の一つだと思って私は見てますけどね。←ばあや目線で
でもAKIさんが書いてくれた通り、
純粋にケンちゃんの言葉で一喜一憂したいってのが本音です
だってケンちゃんの言葉はほんとにおもしろくて新鮮なんだもん
あの楽しさをカムバーーーックと叫びたいですね

投稿: ミジンコ | 2010年9月 5日 (日) 05時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 老婆心:

« 忙しくも楽しいお盆 | トップページ | コロッケうどん »