« あんきも食ってれば | トップページ | ちょっとさみしい »

みよちゃんの赤い風船

半年ぶりに美容院へ行った。
渡された雑誌の表紙が「浅田美代子」さんだった。

浅田美代子さんと言えば
ミジンコの青春時代、となりのみよちゃんで一世を風靡したアイドルさん。
近頃は「さんまのからくりテレビ」なんかのバラエティーでしかお目にかかっていないけれど、あの吉田の拓ちゃんが目をつけるくらいの超人気者でしたね~。←わかる人だけわかって下さい


そのみよちゃんが歌を歌っていたことがある。
「赤い風船」という歌だった。

あのぉっ~子はぁ~ どこぉっの子ぉ~ こんな夕暮れぇ~


というような歌詞であった。
可愛いみよちゃんが、可愛い声で、可愛い振り付きで歌うのである。
そりゃあもう、

可愛いったらありゃしない( ´艸`)


あの頃、萌え~という言葉があったなら、全国各地で大量の萌え~が発生して日本国上空をピンク色に染め上げてたかもしれない。



と・こ・ろ・が


みよちゃんの歌には、致命的な欠点があった。
そう、
それは、


ものすご~~~~く下手


だったことである。

いやもう、それは、「上手くない」という言葉では全く物足りないほどに、
へたくそだったのである。

ご参考までにwiki をお読みいただきたい。
『当時の歌手はそれなりに歌唱力が高かった。その中で、彼女の登場はまさに革命的であり、お茶の間に「調子ぱずれな」彼女の歌が流れてきた時の衝撃は相当のものだったと言われる。』
とまで書かれている



だがしかし、
みよちゃんが歌う「赤い風船」は、そんなに下手なのにも関わらず、
大ヒットした。


何故に、こんなへたくそな歌がこんなに人気があるのであろう?????

ミジンコは不思議であった。
不思議であったが、ふと気がつくと、ミジンコも口ずさんでいるのである。
ガタイに似合わぬかわいらしい振りをつけて
「あのっ子は~どこっの子ぉ~
と、口ずさんでは、
「ハッ!誰にも見られなかったであろうな?!Σ(;・∀・)
と、辺りを見回すという怪しげな行動を繰り返していた。



なんでだろう?


ミジンコはおやつのサキイカを食べながら考えた。
次の日も、おやつの魚肉ソーセージをかじりながら考えた。
その次の日も、おやつのちくわをくわえながら考えた。


そして、ついに


ミジンコの脳裏に一つの言葉が浮かんだ。


下手でもオンリーワン

下手だからこそオンリーワン






みよちゃんが歌い始めたとたん
「音符を支えてあげなければ!」と、思わず両手を差し出したくなる。
テレビの前で手拍子打って、リズムをとってあげたくなる。
みよちゃんの歌だけじゃなく、みよちゃんのすべてに全神経を集中して、
みよちゃんのすべてを支えてあげたくなるのである。
みよちゃん自身が、自分の歌がへたくそだってことを知っていたので、
歌い終わるや否や
「きゃ、はずかしぃ~゜.゜.+:。(*ノv`)゜.+:。」
という雰囲気を醸し出すのが、これまた可愛らしくて、お茶の間の父性や母性を掻き立てるのである。
「我こそはみよちゃんを支える者なり」と思い込み、常にみよちゃんの動向を見守りたくなる。
みよちゃんに何事かが起こった暁には、
我こそが一番乗りで駆けつけてやらねば
聴いている者にそのように思わせてしまう。
これこそが、


みよちゃんのオンリーワンなのであった


もしも、みよちゃんの歌がとっても上手だったなら、みよちゃんの歌はあんなにヒットしなかったに違いないし、みよちゃん自身もあんなに人気者にはならなかったであろう。
みよちゃんは、歌がへたくそだったからこそ、へたくそを自覚していたからこそ、お茶の間の心を惹きつけてやまなかったのである。
間違いないっ

そして、ミジンコは思った。
みよちゃんが、歌がへたくそだからこそのオンリーワンであるように、
人間一人ひとりがそれぞれ、何かがへたくそだからこそのオンリーワンであるに違いない。
言葉の使い方が下手だったり、あいさつの仕方が下手だったり、素直になることが下手だったり、笑い方が下手だったり、怒り方が下手だったり、顔のつくりや姿かたちがへたくそだったり←人それぞれのいろんなへたくそが、その人をオンリーワンにしてるのであろう。


なーーーーるほどっ
ミジンコあたまのミジンコほどの脳みそで導き出した答えに、ミジンコは感動した



人間、何事もあきらめてはいけない。
サキイカや魚肉ソーセージやちくわに頼ってでも考え続けることが大事であることを、ミジンコはこの時、知ったのであった。

こういうことを考えさせてくれたみよちゃんの「赤い風船」は、今でもミジンコの大好きな曲の一つである。
そしてさらに
こういうことを考えさせてくれたことが、


正しく みよちゃんのオンリーワン なのである




とは言え、

可愛いみよちゃんが春の野に揺れるタンポポのようであるなら、
ミジンコは荒れ地にふてぶてしく根を張る柱サボテンのようである。
同じオンリーワンなら春の野に咲くタンポポが良かったよ・・・・


この世の理不尽を受け入れがたい17歳のミジンコあたまであった・・・( ̄▽ ̄)・・・



|

« あんきも食ってれば | トップページ | ちょっとさみしい »

うた に まつわるエトセトラ」カテゴリの記事

コメント

あの吉田の拓ちゃんが目をつけるくらいの超人気者でしたね~
って思いっきり分かっちゃう自分がここに居まふ。
そして「あのっ子は~どこっの子ぉ~♪」
歌える・・・

オンリーワンですかぁ。
ケンちゃんも
あの独特な役柄を極める姿勢、確かにオンリーワンじゃ。
舞台挨拶やTVでアワアワしてた初々しい頃
TVの前の茶の間では誰もが父性や母性を掻き立てられてまもん。
今となってはケンちゃんもちょっとメディアに慣れて来た感が寂しい気もするんだけどね~涙


さて可愛いみよちゃんが春の野に揺れるタンポポのようであるなら、
かずみは砂漠にふてぶてしく根を張るドクダミのようである。

投稿: かずみ | 2010年1月25日 (月) 09時23分

おらも歌える…

オンリーワン、個性、魅力なんですかねぇ

なにより、その答えをを導き出すまでの、ミジンコさんの経過が面白ぇがった

サキイカ、魚肉ソーセージ、ちくわ…
全部海のモノ…

さてはアタマいぐなるというDHA(で間違いねがったべが)を補充しながら

流石です…


ミジンコさん柱サボテン?
かずみさんドクダミ?

おらは隣で、アロエになろうかな…

元祖うさきちに食われるけど


ついしん

かずみさん
ドクダミの化粧水、いいんですよ
うちの母方の祖母、つるつるっすよ

…作り方は…

…ちゃんと聞いておきます ←どんだんず

投稿: うさきち | 2010年1月25日 (月) 12時06分

>うさきちさん(ここでのコメントをお許しを)

ドクダミって化粧水になるんですか!!
なんだか毒々しい葉っぱだけの植物に思ったんですけどね~笑
あっでも痩せるお茶!ドクダミ茶!!
や、痩せたい・・・

投稿: かずみ | 2010年1月25日 (月) 14時23分

ミジンコさん、こんにちは^^
みよちゃん~
なんて懐かしいんでしょうね♪

下手ですか~
わたしもこのレベルなのでなんとも思わないワンw
昔聞いた時は下手と思っていたのでしょうね・・・
歳月は人を変えるwww

正直みよこさん、こんなに息が長いと思ってなかったですよ~
あれから幾星霜、いろんな方がいなくなってしまったのにねえ・・・・・・・

今度カラオケで赤い風船歌いますね

投稿: kiki | 2010年1月25日 (月) 15時02分

ミジンコさんこんにちは!
みよちゃん懐かしいですね~。
私は子どもの頃ウチにテレビがなかったので学校でお友だちがみよちゃんの物まねをしていたのを見て存在を知りました。
みよちゃんだけでなく、他のアイドルさん全てをです。
ミジンコさんがLoveなヒロミゴウさんやヒデキカンゲキさんやピンク色ややキャンディなお姉さん方もです。
子どもゆえ、そっくりなわけないし、似ていなくても楽しけりゃいいという物まねなので、大人になってから実際のアイドルさん達を見たときのステキさったら衝撃的でした。
アイドルじゃなくてもケンさんはピッカピカでしたよ。

あ、任意アドレス書いておきました。
お知らせしたいことあるので、お嫌じゃなければメールくださいませ。
それから、隠れるつもりはないのですが・・・・

鉄子です

投稿: marisol | 2010年1月25日 (月) 16時02分

ミジンコさんはじめ皆さん、みよちゃんが可愛いと絶賛中ですが、
わい、相当ひねくれてた子だったため(いや今でも?)ぶりっ子とか、高視聴率番組とか、その頃はよけておりました。
この歌は知ってましたが、相当下手であることは知っておりましたが、拒絶反応で美代ちゃんもですが、松田聖子さんなんかも、画面に現れるとチャンネルを変える子でありました。
なもんで、ミジンコさんのような深い考察をすることもなく、サキイカや魚肉ソーセージやちくわに頼ってでも考え続けることが大事であることを知る由も無くただ、好き嫌いのみで行動していたことを、今深く反省しています。
最近は、人間丸くなってきて(外見も!)聖子さんがでてきても、チャンネルを変えることはなくなりましたが・・・
人間丸くなっても、感性は研ぎ澄まされてきていると思います。なんちゃって。

投稿: かづ | 2010年1月25日 (月) 22時34分

え~!
かずみちゃん若いのに、みよちゃん知っててこの歌も歌えるの!?
なんか、ちょっとホッとしたよw

>ケンちゃんも
あの独特な役柄を極める姿勢、確かにオンリーワンじゃ。

みよちゃんからケンちゃんまでもっていきたかったんだけど、長くなりすぎるのでやめましたwかずみちゃんが言ってくれてよかった

んだよね~。最近のケンちゃんメディア慣れしてきたね。キョドらなくなって母性が掻き立てられることがなくなって、ちょっとさみしい。
でも、どんな些細なばかばかしい事にも真剣に対しようとするところは変わってないみたいで安心したよ。

で、かずみちゃんはどくだみなの~w
うさきちさんも書いてるけど、どくだみってすごいんだよ!
化粧水はもちろんお肌つるつるらしいし!
十薬(じゅうやく)っていうくらいだからいろんな効き目があってたくさんの人に愛されてる素晴らしい植物なのよ~!
まさしくオンリーワンなのよ~!
花だって真っ白で可愛いよ
しばらく飲んでなかったけど、どくだみ茶買ってこようっと

投稿: ミジンコ | 2010年1月26日 (火) 04時48分

え~~!?
うさきちさんも歌えるの!?
みなさんお若いのに・・・。みよちゃんてすごい!

>サキイカ、魚肉ソーセージ、ちくわ…
全部海のモノ…
さてはアタマいぐなるというDHA(で間違いねがったべが)を補充しながら

あ、んだ!
知らないうちに脳みそさいいことしてたかも~

元祖うさきちさんはアロエ食べるんですか?
食べるとこ見てみたいなぁ
めんこいべな~
特にお好みのアロエってあるんず?なんか種類あるみたいだばって。
アロエもいろいろ使えるよね!
柱サボテンは砂漠で迷った時の水分補給くらいだべな~


投稿: ミジンコ | 2010年1月26日 (火) 04時56分

うわお!kikiさん!
こちらではお久しぶり~!超うれしい

いやあ、私はいつも自分の事は棚の一番上にあげてますからw
それに、今聴くと、そんなにへたくそだなんて思えません。
でも当時は「うわ、へた!」って思ってました。
やはり歳月は人を変えるのかな

ほんと、みよちゃんがこんなに残ってるとは当時は思ってなかったです
残ってる人にはやはり他人とは違う何かがあるんでしょうね。
ケンちゃんも40年後にはしっかり残っててくれるでしょう!

カラオケ・・何年も行ってないなぁ・・・
ストレス発散にはいいですよね

投稿: ミジンコ | 2010年1月26日 (火) 05時05分

marisolさんも、みよちゃんをなつかし~!って思う年代なんですねw

あの頃ってテレビが芸能人を知る唯一の手段でしたもんね。って同じ世代と思って語っててもいいのかな?
雑誌では動きがわからないしね~。
わたしも学生時代はテレビがなかったので、友達の会話がわからなくて異邦人のような気分を味わっってました。
ま、いまも、フジTV系に関してはかわってないけどね・・

>アイドルじゃなくてもケンさんはピッカピカでしたよ。

あ、marisolさんは見ちゃったんですもんね~
ピッカピカケンちゃん!しかも素の!
超うらやましいですよ~


メール了解です(  ̄^ ̄)ゞラジャ

投稿: ミジンコ | 2010年1月26日 (火) 05時27分

かづさん、おはよ!
かづさんはひねくれっ子だったんですかw
私は超がつくミーハーだった(今でも!)なので、
とりあえず、みんながキャーキャー言ってたら一緒にキャーキャー言ってましたね~。
でも、なかなかはまるところまでは行かなかったけど

聖子ちゃんが出たらチャンネル変えるって~w
私は某演歌歌手が出たら変えますけどw
苦手なものは苦手ですよね

>人間丸くなっても、感性は研ぎ澄まされてきていると思います。なんちゃって。

もちろんそうですとも!
感性鋭く研ぎ澄まされているからこそ、
ケンちゃんというオンリーワンに気がついたんですよね~!
私もかづさんと同じアンテナ持っててよかった~( ´艸`)んふふ
体はまん丸だけどさ・・・

投稿: ミジンコ | 2010年1月26日 (火) 05時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: みよちゃんの赤い風船:

« あんきも食ってれば | トップページ | ちょっとさみしい »