« 弘前のさくら 2009 ② | トップページ | まだ~? »

ウルトラミラクルラングェッジストーリーその弐

  ウルトラミラクルラブストーリーの試写会の感想がポチポチポチポチ出てきましたねえ。
なかなか評判がよろしいようで、むふふ(*^m^)ですね~。
す~ごく楽しみなのに、青森の舞台挨拶の情報がありません・・・・。
まさか、いつものように頭の上を飛び越えて北の大地へ一直線!
な~んて事はっ!!!!


ないよね~(* ̄ー ̄*)
そんなことになったら涙の海でおぼれ死にます。*((艸д・。`*)゜*。
いや、その前に海を渡るわっ(* ̄0 ̄)ノ

まあともかく!
青森も頼むよ~!
って、誰に頼めばよろしいの?
まあ、だれでもいいから頼むよっ!よろしくねっ!




20080924110100
この記事にはなんの関係もない蓬田駅。
めんこいっきゃぁ~heart


それで思い出したんだけど、
ウルトラミラクルラングェッジストーリーなる記事を未だ完結してなかったことに気がつきましたcoldsweats01
いや、たぶん、みんな忘れてるでしょうけど(ミジンコ自身も忘れてたくらいだしsweat01
思い出しちゃったので、完結しないと気分が落ち着かないので、書いてみました。(11月に書いて保存しておいたものに少し書きくわえました)



ウルトラミラクルラングェッジストーリー(仮)プロローグ


ウルトラミラクルラングェッジストーリーその壱

本人も忘れてたくらいなので前2編をおいときました。
お暇なら読み返してみてねhappy01
ま、
ケンちゃんも登場しないし、相変わらず大したことは書いてないくせにクドイ文章なんでアレですがcoldsweats01
新年度の忙しさが一段落してひま~~~sadって時や、GWなのに銭がなくてどこにも行けなくてひま~wobblyって時にでもお読みいただければ幸いですpig


♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:


前回は、何ゆえに青森、特に津軽にはこのような、つまり「神様やあの世の霊の想いを受け止められる特殊能力の持ち主」がゴロゴロいるのか?
という所で続くことになっちゃいましたが、
ここで、思いだして頂きたい歌があります。


小田和正氏が歌ってた、

「言葉にできない」

名曲ですので聴いた事のない方はいらっしゃらないとは思いますが、
念のために、こごさ行って聞いで来いへ。

ミジンコが以前の職場を辞める時、当時のミジンコの上司(25歳♂)がミジンコのために歌ってくれた思い出深い歌ですconfident
ってなことはどうでもよいのですが、
そう。
この歌の歌詞にもあるように、「想い」があふれると「言葉」になんかできないものなんですよね~。
つまり、「想い」は「言葉」の容積をはみ出してあふれてしまうものなのです。
「言葉」は「想い」のすべてを包んだり括ったりすることはできないってことです。
何故なら、
「想い」が先にあって、「言葉」は「想い」の一部をすくいとって五感で確かめられる形で現わすための手段として、後から創られたものだからです。


うれしくて~うれしくて~言葉にぃできない~
うれしくて~うれしくて~ん~ん~ん~(しか言えない)



と、小田和正氏も言ってるではありませんか。

考えてごらんなさいませ。
人生で一番嬉しかった時、
人生で一番悔しかった時、
人生で一番悲しかった時、
人生で一番感動した時のこと。
その時発することができたのは、せいぜい、
きゃ~!くぅーーーっ!うっ・・、うわぁ~!
みたいに、「言葉」にもならない、声にもならないものではなかったでしょうか?
嬉しい!悔しい!って「言葉」はそのあとに出てきたでしょ?

そうなんです。
「言葉」は非常に二義的なもの。
まずは、「想い」が先にあるのです。
そして、重要なのは、
「想い」があふれる、という表現があるように、
「想い」は、「言葉」と言う容れ物からあふれて、洪水のように流れて拡がってゆくものなのです。
そうして、あふれて拡がった「想い」は、いつでも「言葉」より先に周囲に届いてしまうものなのです。それは「想い」が強ければ強いほどそうなのです。


カンの良い方はもうお気づきでしょう。
ここで、ウルトララングェッジ津軽弁の登場です。

津軽弁は、なんでもかんでも短縮してしまうと言いました。
短縮ってことは、言葉が短いってこと。
つまり、「言葉」という容れ物の容積が小さいということです。
と、いうことは、
つまり、


津軽弁は、想いがあふれやすい言葉


ってことになりますね?
なるでしょ?
なるんだってば!←強引な・・coldsweats01

たとえば、
こんな津軽弁があります。



い″

入力ミスではありません。
「い」に濁音付き。
ネイティブじゃないとかなり難しい発音です。
「え」と「い」の中間で発音しますが、アクセントの付け方でいかようにも変化します。

い″sign01ーー→ あ~ビックリした~!(Oh!)驚愕

い″upーー→ なんですか?もう一度言ってください。(Pardon?)疑問

い″sign04ーー→ へえ~!そうなの!(Oh!I see.)納得

い″angryーー→ 要りません!(No!<Thanks>)拒絶

い″noteーー→いいですね~!(So nice!)感嘆


他にもありそうですが今は思いつきません。

い″」という言葉一つで、これほど多様に「想い」を伝えられ、そして、受け止められるわけです。
い”」だけで用が足りるなら別に言葉にする必要もなさそうなものですがcoldsweats01、そこはほら、一応ここは人間界なので、「想い」を入れる「容れ物」である「言葉」がないと、良いコミニュケーションが成り立ちません。 ←ホントかよ
なので、津軽の人々は良いコミニュケーションのために、極々小さな容れ物を用いて「想い」のやり取りをしているわけですが、先程も申しました通り、「容れ物」が小さければ小さいほど「想い」はあふれやすくなります。
そんでもって、あふれた「想い」は「言葉」よりも先に相手に届いてしまいます。
逆に言うと、相手の「想い」は「言葉」よりも先にこちらに届いてしまうのです。
ということは、どういうことでしょうか。
津軽の人々は、「言葉」という「容れ物」よりも、「想い」を「丸ごと」キャッチするという能力を、知らず知らずのうちに磨き続けてる、ってことになります。

つまり、

「言葉の要らない世界の一寸手前の言語」

それが津軽弁なのです。



あ~、くどい・・・
自分で書いててもくどい・・・gawk
でも、我慢して書ぐよ~。
でも、読んでる人は我慢しないでスルーしていいよ~happy01



では、
「言葉の要らない世界」とはどんな世界でしょうか?
「言葉が要らない」ということは、「想いのみで通じ合える世界」ってことではないでしょうか?
では、「想いのみで通じ合える世界」とはどんな世界でしょう?


そうです!


「体を持たないあの世の方々が住まわれる世界」ってことです。
つ・ま・り、
「言葉の要らない世界」とは「神様やあの世の方々が住まわれる世界」ってことなのです。


さあ!
もうおわかりでしょう!


「言葉の要らない世界のちょっと手前の言語」である「津軽弁」を駆使する人々が住む地域においては、「言葉の要らない世界」の住人の「想い」も非常にキャッチしやすい、ということになります。

あの世の方々の「想い」をキャッチできるという特殊能力の持ち主がゴロゴロいるという理由が、これでおわかりいただけたでしょうか?

まさにウルトラミラクルラングェッジsign01
それが、津軽弁なのです!

そんなわけで、カミサマと呼ばれる人々が、この地では何の違和感もなく、道端で風に吹かれるペンペン草のように日常の風景に溶け込んでいるのです。

更に言えば、
職業としてのカミサマと呼ばれる人々以外にも、特殊能力の持ち主はゴロゴロ転がっているのでございます。
ミジンコの周りなんて、もう、大変でございます。
ミジンコの場合は、ここに来て下さる皆様はすでにおわかりのように、無駄に「言葉」を使い過ぎるきらいがありますから、そんな特殊能力は全く持ち合わせていないのですが、イトキチをはじめとしてM子や叔母たちetcetcと、そりゃあもう、大変です。
弟が倒れてからのひと月ちょっとの間にも、さまざまな不思議がてんこ盛りでございました。そんなお話も気が向いたらそのうちにpig


ところで、以前、松友かずみちゃんが、
「今時の短縮言葉の発祥地は青森だったのね~」
と言ってたのでふと思ったのですが、
今どきギャルや芸能界の住人のように短縮型言語を駆使する方々も、「言葉の要らない世界の住人」の「想い」をキャッチしやすいかもしれませんね~。


ただ、
まあ、
一つだけくれぐれもご注意頂きたいのは、
「言葉の要らない世界の住人」にも、さまざまな方がいらっしゃるので、その辺をきちんと弁別できるフィルターがなければ、とんでもないことになりかねませんし、そのような例は枚挙にいとまがありません。
その弁別フィルターをきちんと育てるのが修行なのだと思います。
やっぱり、「言葉の要らない世界の住人」の「想い」をキャッチするのは、修行を重ねたプロのイタコさんやカミサマにお任せしといた方がよろしいかと思います。
津軽に住んでる特殊能力の持ち主は、とんでもないことになった時になんとかしてくれるプロが近くにたくさんいるので、なんとかなってますがcoldsweats01



以上、ミジンコ的津軽弁考察でした!



<ご注意>
言うまでもなく、いつものことですが、
このブログは、ほんのちょっとの真実と、ミジンコの妄想と妄想と妄想でできております。くれぐれもすべてを信じませんようご注意願います。
素直な方は特にご用心!
何が起きてもどんなことになっても、
全くびた一文責任は持てませんのであしからずo(_ _)oペコッ

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おまけ

3_3

|
|

« 弘前のさくら 2009 ② | トップページ | まだ~? »

つれづれなるままに あおもり」カテゴリの記事

ウルミラあれこれ」カテゴリの記事

コメント

わ~かずみの言葉をミジンコさん覚えてくださって居たんですね。←自分は言ってて忘れてたのにsweat01

津軽弁、なるほど~。
ふむふむ。
凄く興味深く読ませて貰ったよ。
言葉の要らない世界の一寸手前の言語かぁ。

いつも、今もそうだけど、
凄く頭や五感ではミジンコさんの言葉ひとつひとつに想いはあふれているんだけど
その想いを言葉にして、こうやってコメントを入れるのって難しいです。
凄く凄く感動してるんですよ!!今!!!

溢れる想い
ブログを書くにしても、いつも言葉のボキャが無いから想いの何パーセントも書けて無い気がして
想いを少しでも言葉に近づける事が出来る人って凄いなぁって思うんだ。

津軽弁って短い言葉で色々な事を伝える事が出来る言語と言う事は、顔をつき合わせてお話すると伝わるけど、文章で表すのは難しそうですね。
でもそれが逆に読み手としても想像力が増すし、魅力的にも思える~。

そしてそんな土壌で育ったヤツは、台詞で伝える事以上に体全体、全身全霊で伝えるすべを見につけているのだろうか?
なんて思ったりして。

あ~何を書いているんだろう?
分からなくなって来た!!!
ミジンコさんが言わんとしている事、凄く感じるのに上手くコメント書けない~涙
修行が足りんみたいじゃ。

投稿: かずみ | 2009年4月23日 (木) 03時19分

えっ?えっ?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

怒涛の更新お疲れ様です(`・ω・´)ゝ
ここでいいかな?

下の桜超きれーーーい!!!!!!
トーマスさん、さすがですね~。

ミジンコさん、「ら」わかりました。
どんだんずにちゃんと字幕付いてた・・・

「どうぞ」

でした・・・。

でも活用がたくさんありそう・・・
恐るべし津軽弁。

投稿: カメ | 2009年4月23日 (木) 06時46分

みじんこ様こんにちは。
またまた遊びに来ました。お邪魔します・
みじんこさんの「い”」5段活用、爆笑を通り越して深く感動いたしました。
ありがとうございます。
津軽弁、ステキです。フランス語っぽく聞こえるところもお洒落です。(フランス語、まったく理解できませんが)
ところで、私どものブログにも来ていただいたそうで、ありがとうございます。
ひょっとして、みじんこさんが呼んでくださったのは相棒のまみみさんが書いた記事かも?
彼女は竜也さんの大ファンなのです。
え、私もファンですけど、告白しちゃうと松山さんが大大大好きです。
松山さんに関する?記事は3月30日付けの「行ってきましたよ」に書きました。
もし、お暇があったら読んでください。

前記事のレスになってしまいますが、弘前の桜は本当に見事ですね。ニュースでも拝見しました。
美しい風景に美しい言葉と心、青森って素敵だな~と羨ましくさえ思います。
それに蓬田駅のプリティなことったら!!

投稿: marisol | 2009年4月23日 (木) 16時59分

ミジンコさ~~ん!!
お京が地球の中心まで落ちている間に、怒涛の更新ですねぇ!!!

HIROMI GO の記事にコメ入れようと思って来たのに
もーーびっくりだすhappy02
2ショット写真、いいなぁ~。今度見せてねheart01
ミジンコさんが2ショット撮影したということは、
ペコさんも2ショット撮影出来たのね!羨まし~。
ペコさん元気??ペコさんの写真も見せてねhappy01(←勝手にペコさんへコメ入れさせてもらいました。)

トーマスさん撮影の弘前公園、すっごく綺麗ですね。
お城&橋&桜もいいし、夜桜もいい~cherryblossom

ミジンコさんの津軽弁講座、もっと聞きた~い!
勉強になるわぁーーpencilメモメモ。
「い」に濁点だけでこんなに意味があるとは…勉強しても追いつかん!!

青森に「カミサマ」が大勢居る意味がわかったよ(笑)

投稿: お京 | 2009年4月23日 (木) 17時08分

まさに怒涛の更新
追いつけない、ミジンコさんにも置いてかれちゃう~
イングリッシュにコメントをと思ってるうちに、
HIROMI GOでしょ、でもって何と素晴らしい弘前の桜
今日もテレビで映っていましたが、実際に見れたらどんなにすごいのかしら。
でもって、ウルトラミラクルラングェッジ
い゛の5段活用じゃなくて5段変化?
行ってみて~!!!恐るべし津軽、青森
そんな環境に育まれて、あの星人(聖人)は、
台本の行間にあふれ出ている世界を、いくつもの感情を眼だけで、声だけで、手だけで、他にもいろんな表現を、私たちに見せてくれる術を身につけたのですね。

まさに、ウルトラミラクル(≧∇≦)
お忙しいのにかづのこと気にかけていただけてすみません。一応元気です。

投稿: かづ | 2009年4月23日 (木) 23時38分

かずみちゃん、こんばんは!
なんかねぇ、すごいクドイ文章で我ながらうんざりgawk
なのに、感激してるなんて言ってくれるかずみちゃんて、なんて優しいの~crying

「想い」を言葉にするのは難しいですよね。
こうして顔も知らない相手に伝えようと思うと、書いても書いても足りないような気がして、どんどん文が長くなって・・coldsweats01
そのうち自分が何を伝えたかったのかわけわかんなくなっちゃったりねcoldsweats01
かずみちゃんの気持ちがよくわかるよ~。
でもさ、たとえ伝えきれなくても、伝えようとする想いって絶対に相手に伝わるよね。
かずみちゃんのそんな想いもジンジン伝わってきたよ!

>津軽弁は顔をつき合わせてお話すると伝わるけど、文章で表すのは難しそうですね

はい(笑)
文章に書くとネイティブでも読解不能になります(笑)


>そしてそんな土壌で育ったヤツは、台詞で伝える事以上に体全体、全身全霊で伝えるすべを見につけているのだろうか?


おお!
そうかもしれない!
たぶん、ヤツもある意味、特殊能力の持ち主なのではないかしら。
なんたってむつの生まれじゃもの(笑)
我々も修行を積んでヤツの想いをキャッチできるように・・・
は、ならないかcoldsweats01

投稿: ミジンコ | 2009年4月24日 (金) 22時29分

カメレオンさん、こんばんは~!
いつもなにかとお世話になっちゃってすみませんsweat01
カメさんがいないとケンちゃんのファンを続けられないかもしれないと思うほどです。
ホント、ありがとう!

トーマスの桜、きれいでしょう!
弘前は今日が最高だったようですcherryblossom
弟の病院へ行く途中の並木も感動的に綺麗でしたhappy01


「ら」
解決して良かったですね(笑)
たぶん「どうぞ」は意訳だびょん。
「あげる」→「ける」→「けら」→「ら」
のような変化になってるんじゃないかなあ。
津軽弁の奥は深いですね~。
まだまだ知らない用法がありそうです(笑)

投稿: ミジンコ | 2009年4月24日 (金) 22時37分

わあ~!marisolさん、いらっしゃ~い!
また来て下さって嬉しいですhappy02
あれ?私、勘違いしてたかもしれませんね。
marisolさんもケンちゃんの大大大ファンsign03
嬉しいなあ~happy02
後でゆっくり読ませて頂きますね!

津軽弁はよくフランス語に似てるって言われますが、
桜の綺麗な弘前・黒石あたりのおっとりした津軽弁でしょう。
ミジンコの地域のは早口でバキバキしてるので、どっちかって言うと韓国語に近いです(笑)

蓬田駅、可愛いですよね!
ロケ地ではないと思うんですが、あまりに可愛いので思わず写メってしまいました。
ウルミラ楽しみですね!
陽人くんのこと、marisolさんともいっぱい語り合いたいですhappy02
これからもよろしくお願いします!happy01

投稿: ミジンコ | 2009年4月24日 (金) 23時13分

お京さん、こんばんは!
地球の中心まで落ちてたって・・・!?
まさか、あれのせいですかっ!?
お京さんてば可愛い~happy02
私は特になんにも思わなかったけど、これってケンちゃんファンとしてはヤバイかな?coldsweats01

そうそう!
ひろみ様のファンサービスはサイコーです!
全員と2ショット写真って凄いよね~!
ケンちゃんやフムフムさんにも見習ってほしいッス!
もちろんペコもひろみ様と2ショットですよscissors
ミジンコのは今度見せるね~。恥ずかしいけど(笑)


お京さん、弘前の桜なつかしいでしょう。
今夜も感動的に素敵でした。
トーマスの写真はいいとこを網羅してるから、
たっぷり味わってねwink


津軽弁講座は末長く続くと思います(笑)
ウルミラが終わっても付き合ってくださいます?(笑)


投稿: ミジンコ | 2009年4月24日 (金) 23時23分

かづさん、こんばんは~!
お元気そうでよかった!安心しましたhappy01
アレのせいで、お京さんと同じように地球の中心まで落ちてるんじゃないかと心配しましたよ(笑)


ウルミララングエッジ、楽しんで頂いてありがとう!

>そんな環境に育まれて、あの星人(聖人)は、
台本の行間にあふれ出ている世界を、いくつもの感情を眼だけで、声だけで、手だけで、他にもいろんな表現を、私たちに見せてくれる術を身につけたのですね。


まさにまさに、そうなのかも~!
言葉にならないものを表現してくれる術を身につけたのはやはり青森、しかもむつ生まれだから!?
津軽じゃないけど、むつは「言葉の要らない世界の住人」がいっぱい集まるお山があるものね~。
ケンちゃんのお芝居と青森がつながって良かった!
津軽弁を考察した甲斐がありましたbleah

かづさんの地方はもう桜は散っちゃったのかな?
弘前の桜はマジ日本一ですよ!
いつか必ず見に来て下さい!待ってるよ~happy01


投稿: ミジンコ | 2009年4月24日 (金) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 弘前のさくら 2009 ② | トップページ | まだ~? »