« 芸術の秋のはず・・・ですが | トップページ | 人間一年生 »

リンダリンダリンダと ミジンコ家の9・11

この半年、ほぼHIROMI GO 並みに規則正しい(笑)生活のミジンコなのですが、
やっぱり9月になったらなんか落ち着かなくなりました。

2005年9月10日
次の日仙台出張予定だったミジンコは早番で仕事を終え、
映画を見ようか、それとも久しぶりに兄ちゃんのとこへ行こうか迷ってました。
半年くらい会ってなかった兄ちゃんと久しぶりに話をしたいと思ってましたが、
結局ブルーハーツ聴きたくて映画を選びました。
リンダリンダリンダ
という映画です。
兄ちゃんとはいつでも会えるんだし。
兄ちゃんとブルーハーツの話で盛り上がりたいと思ったんです。


この日、ミジンコは初めて松山ケンイチという俳優を意識しました。
出演時間は10分にも満たなかったんじゃないでしょうか。
文化祭の時に韓国人留学生に告るだけの短いシーンです。
なんで、印象に残ったかというと、


あまりにもフツーだったから(爆)


いや、ほんと。
マッキーのフツーさときたら、はんぱなくフツーでした(笑)
あまりのフツーさ加減がものすごく印象深かったんでしょうねえ。
帰りにM子んちに寄って
「最近の若い俳優てサア、なんであんなにフツーなんだろうね。どこにでもいそうな子が出てたよ」
てなことをわざわざ言ってから家に帰ったのを覚えてます
ただ、韓国人の女の子に告るシーンの間の取り方が、上手いなあこの子!
って思ったのは確かです。
そう思ったからエンドロールで名前を確認したくらいです。
松山ケンイチ?誰?
ってなもんでしたけど(笑)


M子んちから戻って出張の支度も終えて寝たのが午前2時頃。
とろとろ眠りに落ちかけたころ、その電話が鳴りました。
警察からでした。
実家が火事で兄ちゃんが行方不明だと。
人間て、あまりにも思いがけないことに遭遇すると、
ホントに理解不能になるんですね。
「へ?燃えてるって、何がですか?」
ミジンコの口から出たのはそんなKYなセリフでした。

翌日の昼前、兄ちゃんは変わり果てた姿で見つかったんですが、
いつでも会える、
って思って「リンダリンダリンダ」を選んだことをものすご~く後悔しました。
いつでも会える、なんて自分勝手な思い込みに過ぎなかった。
「いつでも」なんてないよ。
「今、この時」しかない。
そよばあ の時より、父ちゃんの時より、兄弟を失った喪失感はずっとずっと深かったです。



ミジンコ家の
9・11から丸3年。
ものすごく昔のことのような、つい昨日のことのような。
いまだにきちんと正面から向き合うことができずにいます。
でも、あの時の後悔の深さが、ミジンコをちょっと変えてくれたかな、と思います。
一瞬一瞬を大切に大切に生きたいと、心の底から思うようになりました。
出会う人みんなに感謝しながら生きたいと、切に願ってます。
そんな風に願っても、全然まったくそんな風に生きてないけど
でも、いつもこの願いだけは忘れないでいたいな、と思ってます。


毎年9月になると、なんだかそわそわ落ちつかなるんですが、
今年は GO友さんや松友さんのおかげで、
キャーキャー笑いながら過ごせてることを、ほんとに感謝したいです。

「リンダリンダリンダ」
あの日のことを思い出すのでもう二度と観たくない。
と思ってましたが、また観れそうな気がしてきたよ
ブルース・リーみたいな
可愛いマッキーに、また会いたいな~

               ↑いつの間にかフツーから可愛いに昇格してるし ・ 













|

« 芸術の秋のはず・・・ですが | トップページ | 人間一年生 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

ケンちゃん ☆ 映画」カテゴリの記事

コメント

ミジンコさんと松ケンの出合いは、辛い思い出でもあったんですね…。
こんなふうに、お兄さんの事を記事に書けるようになるまでのミジンコさんの心の中を思うと…何も言えませんが…。
一日一日を大切に生きたいですね。
身近な人って、ついつい「いつでも会える」「いつも傍に居る」と思ってしまいますよね。
そして「会えなくなつてわかる大切さ…」

ミジンコさんの記事を読んで
身近な人、松友さん、支えてもらっている人たちを
「大切にして生きたい」と再確認しました。

「リンダリンダリンダ」見てません
見なくちゃね 

投稿: お京 | 2008年9月11日 (木) 07時55分

あらためて記事を拝見させていただいて、言葉もありません・・・。

私も2005年に祖母を亡くしたんですが、ほんのほんのちょっとだけ同じような体験をしたので、言葉にうまくできませんが、いま不思議な感覚に陥ってます。

突然入院した祖母に毎日会いに行ってたのに、どういうわけか亡くなる前日には会いに行かなかったのです。
今日行かなくても明日会えるからいいやって。
でももう明日はありませんでした。
そのことは今でも心の中にひっかかっています。

でもこの世には偶然なんてない。すべてのことには意味があると私は思っていますので、きっと私が会いに行かなかったことや、日々の出来事、うれしいこと悲しいこと、いろんな人との出会いや別れ、目にうつる全ての風景、それら全てに意味があり、そこから何か感じとらなければならないと思ってから、つらいこともだいぶ受け入れられるようになりました。

今日しか見れない美しい夕焼けを見ながら、ミジンコさんや松山くんに出会ったことについてずーと考えていました。

長々と変なこと書いてすみません・・・。

リンダリンダリンダ早くまた観れるといいですね。
私もまだ観てません(笑

そうそう、お墓に行かなくても心に思うだけで気持ちはすぐ伝わるそうです。
だからお兄様にもちゃんと伝わっていますよ!

投稿: カメレオン | 2008年9月11日 (木) 19時56分

>お京さんへ

そうなんですよ~。
松ケンとの出会いを思い出す時、つらい思い出もセットでついてくるので、
「リンダリンダリンダ」はもう二度と観ることはできないだろうなあ、と思ってたんです。
でも、あれからもいろんなことあって、いろんなこと考えて、
今こうしてお京さんたち松友さんやtomoさんたちGO友さんにも出会えて、
そのおかげで毎日が楽しくて、
今がホントに幸せだなあ。って思えるの
ほんとはね、こないだのお京さんと同じように、迷ったんです。
こんな記事、のせてもいいのかなあ・・って。
でも、身近にいる家族や友人はもちろんだけど、
ここで出会えたみんなのお陰で、
こんなに毎日が楽しくって幸せだよ~ってことを記しておきたいと思ったの。

お京さん、心のこもったあたたかいコメントありがとう
す~ごくす~ごく嬉しかったよ。
お京さんのブログに出会って、あの日思い切ってコメントして良かったなあ、ってしみじみ思ってます。

リンダ×3の松はブルース・リーみたいな髪型なんだよ~(笑)可愛いけど
観たら感想聞きたいで~す

>カメレオンさんへ

カメレオンさんのコメント読んでて、
知り合ったばかりなのに、なんだかず~っと以前から知ってたような不思議な想いにとらわれました。

カメレオンさんも同じような痛みを抱えてるんですね。(同じ2005年なんだね)

>偶然なんかない。すべての出来事にはみんな意味がある。
そう思えたらつらいこともだいぶ受け入れられるようになった。

私もまったくおんなじ想いです!
だからこそ、この痛みを忘れてしまうんじゃなくて、ず~っと大切に抱えたままでいたいですよね。

もうずっと前のことだけど、大好きだった人に
「今この時、たとえ一瞬でもあなたが幸せを感じてるとしたら、
それはあなたのこれまでの人生に、何一つ無駄な瞬間がなかったということだよ」
って言われた事があるんですが、最近しみじみとその言葉を思い出してます。
だって、松山ケンイチという俳優を通じて、
カメレオンさんやお京さんやkikiさんみたいな、
こんなに優しくて素敵な人たちと巡り合えて、
今がホントに幸せなんですもん
私の人生には無駄な時間が一瞬たりともなかったんだ。この時のために、あんないろんな瞬間があったんだ。って心の底からそう思えます。
きっと、これからもね

不思議だよね~。
こないだまで全然知らなかった人とこんなに深い話ができるなんて。
なんか、今、泣きそうなんですけど・・。

心のこもった丁寧なコメント、ありがとうございました。
長々コメ気にしないでください。ってかむしろ長々してください!(笑)

フッツーな(笑)高校生ケンちゃんに出会った感想も楽しみにしてま~す


投稿: ミジンコ | 2008年9月12日 (金) 02時55分

ミジンコさん、おはようございます。

人生に出会いと別れはいつも突然!
生きてるあいだにはいろんな形で繰り返しがあると思います。
文才の無い、モツケですので気持ちをうまく伝えられませんが、悲しい事故を乗り切って楽しいブログを書き続けていられることはとても素晴らしいと思いす。

今、こうしてミジンコさんにコメできているのも、27年前の遭遇、そして今年になっての再会?
ペコさんが以前、「人生でおきることは、すべて必要性がある」ようなことを言ってました。
う~んなるほど人生の先輩は良い事言いますね。
考えさせられる一言でした。


松ケン情報をひとつ、
もうわかってると思いますが、次回作は「全編・津軽弁」の映画だそうです。
下○弁を津○弁に方言指導がつくとか?

コメ違いですみませんm(__)m

投稿: モツケ | 2008年9月12日 (金) 06時24分

こんなこと書いてお気を悪くされたらどうしようとか、変な奴だと思われるかな~と思いつつ書いてしまいましたが、ミジンコさんのコメントを拝見してちょっとほっとしました。
住んでるところは離れていても、勝手ながらミジンコさんをとても近くに感じました。
離れてても空は繋がってて、きっと同じ月を見てるはずです。
私もミジンコさんも、そして松山くんも!

投稿: カメレオン | 2008年9月12日 (金) 08時00分

>モツケさんへ

やさしい気持ちのこもったコメントありがとうございます。
こうしてモツケさんと楽しくやり取りできるのも、
み~んな必然なんですよね~。
なんか嬉しいねえ~。
もつけさんが来てくれるの、いつも楽しみにしてるんですよ
ちょくちょく遊びに来てね!

松ケンの情報ありがとう!
朝からテンションあがりまくりで倒れそうだ(笑)

あ、人生の先輩の言うことはよ~く聞いておくべきです(笑)

>カメレオンさんへ

私も、今日の空を見上げて同じ事思ってました!
カメレオンさんがとっても近くにいるような気がして。
嬉しいな~
ボキャブラリーが少ないので上手く言えないけど、
不思議な縁を感じてます

投稿: ミジンコ | 2008年9月12日 (金) 23時49分

リンダリンダリンダ、松が出てる所だけ観てますが、普通ですよねえ。あの松を観て気になったのはすごいと思います。松の演技力が良く分かる作品なんだと改めて思いました、ちゃんと観よう。

お兄様、お気の毒でした。
読んでて『うそ、何処かからぴょっこりと・・・』と思っていました。合わなかったのはお兄さんの選択でもあったわけですから、そこにも意味があったのかもしれません。生きてるということは奇跡の連続なんだと思います。今を大切に生きることが供養なのではないでしょうか。わたしは父を亡くしました。親孝行してなかったです。でも、生きてたらしたの?と考えると何時なくなってもそれなりに後悔をしたと思います。なので、自分の意志でどうにか出来ないことを悩んでもしかたないと思うようになりました。

投稿: kiki | 2008年9月14日 (日) 11時18分

会う でした^^;

投稿: kiki | 2008年9月14日 (日) 11時19分

kikiさん
すごくうれしいコメントでした
ありがとう!
生きてることは奇跡の連続。
ホントにそうですよね~。
今、こうしてkikiさんと出会っていろんなお話できるのも奇跡の一つだと思ってます。
これからもよろしくお願いしますね~o(_ _)oペコッ

リンダリンダリンダの松は可愛かったですよね!
連休だし借りようと思って近所のレンタル屋さんに行ったら、もうなくなってました~

投稿: ミジンコ | 2008年9月14日 (日) 11時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 芸術の秋のはず・・・ですが | トップページ | 人間一年生 »