« エンゲル係数が上がる訳 | トップページ | 雪柳 と My Way »

ミジンコ宇宙へ行く!

ミジンコが宇宙へ!

おお!
ついにミジンコの長年の夢がかないました!宇宙へ進出です!


って、まあ正確にはリアルミジンコの卵なんですが。
3月21日のYOMIURI  ONNRINE NEWS で見つけました。

リンクを貼るなどという高等技術(笑)を知らないおばちゃんなので要約すると、

『今何かと話題の福井県小浜市の小浜水産高校の生徒さん達が研究していたミジンコの卵が、国際宇宙ステーションに滞在中の土井孝雄さんによって、日本発の有人宇宙施設「きぼう」の船内保管室に収められた。』

『ミジンコは周囲の水温が上昇した時や、乾燥して水が減った時など生息環境が悪化すると卵を産むが、環境が良くなるまでは孵らない、したたかな生物』

なのだそうです。
したたか!そうか、リアルミジンコは、したたかなのか・・・・・。 うん似てるかも・・・・・

『無重力で卵はどうなるのか。生徒たちも興味津々です』

と、小浜水産高校の堀田教諭が話していた。との事。

ほほお~、なるほど。
こういう事に興味津々な人たちもいるんだぁ~!
と、まずはそこに感動したミジンコでした。(なんかややこしいな)

このブログをはじめる前なら、ほぼ100%読み飛ばしていたに違いない記事なのですが、ブログのタイトルになんのためらいもなく、ミジンコってつけて以来、やたらミジンコが気になるミジンコです。(ますますややこしい・笑)
おそらく、ミジンコだけじゃなく、一般人でリアルミジンコに興味がある人ってあまりいそうもない。まして、ミジンコの卵が宇宙の無重力空間でどんな変化があるのか、ないのか、なんて事にもそんなに興味は持たないだろう。と思う。
でも、科学に限らずこの世界のあらゆることは、こんなふうに誰かが興味を持って人知れず研究や実験を積み重ねてくれてるから、進化し続けてミジンコたちはその結果としての恩恵を享受できるんだよねぇー。
その事にちょっと感動したの
いつの日か、ミジンコのしたたかさの遺伝子システムが解明されて、人類の危機の時に役立つ日が来るかも!?
なんて事を想像してしまったYO

小浜水産高校の生徒さんたち、人類の危機を救うため、ミジンコの研究頑張ってね!



でさ、この記事を読んでもう一つ、改めて思った事があったんだけど、長くなりそうだから次の機会に。
なんたって、家族の目を盗んで書いてるもんでさ~

Pk2008030802193745_size0
リアルミジンコ

        右下の黒っぽいのが卵ですって。
         今、宇宙にいるんだよ!



|

« エンゲル係数が上がる訳 | トップページ | 雪柳 と My Way »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エンゲル係数が上がる訳 | トップページ | 雪柳 と My Way »